病院薬剤師求人ランキング

東京の病院薬剤師求人情報をお探しの方へ

東京で薬剤師の仕事を探そうとなると、求人数が多すぎて困ってしまいませんか? 人は選択肢が多すぎると、逆に選べなくなってしまう生き物だと言います。何千、何万と求人があるのは嬉しいけれど、選べなければ意味がありません。門の狭そうな病院薬剤師だけでも、求人はたっぷりと出回っています。

■ まずは、自分の希望をハッキリさせよう

当たり前の話ですが、まずはどのように働きたいのか自分の希望をハッキリさせましょう。

@ 自分の譲れない希望を決めてしまえば、選択肢はぐっと少なくなる

A 選択肢が減れば、細かな部分で比較検討できる

とにかく東京の求人数は多すぎます。何しろ全国で1番多くの病院数を抱える東京都です。どんどん選択肢を捨てて行く作業を、大切にしましょう。


@ 自分の譲れない希望を決めてしまえば、選択肢はぐっと少なくなる

最初に、大きな目標を描いて下さい。あなたは薬剤師として、何を最優先にしますか? 家庭がある人からすれば、勤務時間が1番かもしれません。あるいは、仕事のやりがいが1番に来るかもしれません。自分の知識を社会の役に立てたいだとか、医師や看護師と一緒に、チーム医療の一角を担いたいだとか、大きな目標があるはずです。その視点から薬剤師の仕事を見直してみましょう。

A 選択肢が減れば、細かな部分で比較検討できる

方向が決まれば、求人数はぐっと減ります。病院薬剤師なら病院薬剤師と限定して、今度は細かな条件を見比べてください。

まず、自分が希望する勤務形態を考えましょう。正規の社員なのか、パートなのか、アルバイトなのか考えます。この作業だけで、かなりの数が絞れます。

今度は立地、給与、ボーナスの実績、勤務時間、当直の有無などを確認します。働いている薬剤師の人数によって仕事の忙しさは変わってきます。処方箋を何枚くらい扱うのかなど、だいたいの作業量が分かる情報もチェックして下さい。


■ 最後にもう一度、本当の希望に立ち帰ろう

色々捨てて行くと、最後に数件の求人が残ります。その時点で、もう一度、初心に帰りましょう。あなたは薬剤師として、何をしたいのですか? 病棟配属の薬剤師となり、患者の処方指導に従事したいと思っているとします。実際にそう言った仕事が待っていると、求人にも書かれていたとします。しかし最後に、本当にその仕事ができる仕事場なのかを、調査して下さい。例えば看護部と薬剤部の力関係が極端で、単なる病棟の下働きをさせられる病院もあります。病棟薬剤師と言いながら、単に点数稼ぎに使われて終わりと言う病院もあります。

「内部の情報なんてわからない!」

と言うなら、民間の転職支援サービスなどを利用して、内情を調べてもらいましょう。薬剤部長の人柄や、看護師、医師との力関係など、生々しい話まで教えてもらえます。かなり使えるので、頼ってみても損はしません。無料ですし。

東京の病院薬剤師求人探しは以下のランキングをご参考に!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
毎日キャリアバンク
詳細


メディウェル「薬剤師転職ドットコム」 無料 全国 株式会社
メディウェル
詳細


 ⇒⇒ 人気ランキング(4位〜7位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

人気のエージェントranking

条件別の病院薬剤師求人

病院薬剤師の基礎知識

病院の種類別求人情報

地域別情報

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 病院薬剤師求人ランキング【※病院勤務したい方はコチラから】 All Rights Reserved.