病院薬剤師求人ランキング

病院薬剤師の魅力

病院薬剤師の魅力は薬のスペシャリストとしての高いスキルを持ち、臨床の最前線で多くのコメディカルと「病気を治す」目的に向かう点にあります。

薬剤師になるためには薬科大学または大学薬学部の門をくぐり、6年間薬の専門的な知識を中心に臨床や医療福祉、公衆衛生、薬事法、生命倫理などを幅広く勉学や研究に勤しみ、大学を卒業後は国家試験を突破し、晴れて薬剤師としてのスタートを切ることになります。薬剤師の約50%は薬の調剤・製剤と服薬指導を行う調剤薬局、約20%弱が病院、その他は製薬会社やメーカーなどの企業、ドラッグストア、研究機関、治験会社、公務員などとして勤務していきますが、こうした薬剤師のフィールドの中で薬と臨床に関わり、最も薬剤師らしい薬剤師本来の仕事ができるのは、病院薬剤師だけと言っても過言ではないでしょう。

ひと昔前は、病院内の薬店で薬待ちに1時間、2時間は珍しいことではなく、病院薬剤師もマシーンのようにひたすら調剤業務に明け暮れていましたが今や医薬分業が進み、外来の患者さんの薬を病院内で調剤することはほとんどありません。病院は医療行為に専念し、薬に関する専門的なことは薬剤師(調剤薬局)が担当し、医療全体の質の向上と安全で効率的な医療の提供を目指す考えから医薬分業が推奨され、医療と薬業が分かれた分、病院薬剤師の能力と役割は病院に入院する患者さんに向けられ、活躍の場は病院薬局内から臨床へシフトしています。そのため病院薬剤師には患者さんと一緒に病気・治療と向き合い、臨床の第一線で薬剤師としての専門性を深めるチャンスが大いにあります。

また医師や看護師など他の医療従事者と協働していく機会も多く、患者さんの苦痛となる痛みを和らげるペインコントロールチームや、口から栄養摂取できない患者さんの治療を支援する栄養サポートチームなど、特に病院内「チーム医療」の一員として大切な役割を担うことができるのも魅力のひとつでしょう。チーム医療は現代医療の主流であり、薬のスペシャリストとして薬剤師の存在意義が重視されています。

さらに病院薬剤師の役割・活動は入院している患者への服薬指導、外来で抗ガン剤治療を行なう患者へのフォロー、抗ガン剤や高カロリー輸液のミキシング、無菌製剤など特殊な製剤の調製、院内の感染症対策や医薬品の事故防止など幅広く、様々な職務経験や知識を研鑽できる環境も病院薬剤師ならではの魅力と言えそうです。

病院薬剤師の求人情報に強みを持つ転職サービスの人気ランキング

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
毎日キャリアバンク
詳細


メディウェル「薬剤師転職ドットコム」 無料 全国 株式会社
メディウェル
詳細


 ⇒⇒ 人気ランキング(4位〜7位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

人気のエージェントranking

条件別の病院薬剤師求人

病院薬剤師の基礎知識

病院の種類別求人情報

地域別情報

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 病院薬剤師求人ランキング【※病院勤務したい方はコチラから】 All Rights Reserved.