病院薬剤師求人ランキング

病院薬剤師の病棟業務について

職人的に調剤を行なう作業が好きな薬剤師もいます。誰ともしゃべらず、黙々と調剤を行なう作業が好きな薬剤師です。一方で、もっと人とコミュニケーションしたい、チーム医療に参加したいと思っている病院薬剤師もいます。特に、コミュニケーションをはかりたい、後者の皆さんに、追い風が来ています。病棟薬剤業務実施加算が合意されました。病棟薬剤師を置くと、病院に加算がされます。病院の側も加算を目指して、薬剤師を病棟に引っ張り出す時代になっていきます。

■ さあ、どんどん病棟配属の薬剤師になろう

薬剤師を病棟に専属配置して、週20時間以上の業務を確保させている病院は、点数が加算されます。点数が加算されれば、言うまでもなく収入が増えます。病院も大半が民間経営されているため、収入は死活問題です。

薬剤師の側も、病棟に専属配置しようと考えている病院に就職すれば、とてもやりがいのある時間が待っています。薬物治療プロトコールの管理、カンファレンスの参加、副作用や薬効のチェック、患者に応じた処方の提案作業、服薬計画の提案など、積極的にチーム医療にたずさわれます。

また、医師の負担を軽減したり、看護師に対する薬効の指示をしたりする業務もあります。現状の忙しい現場を解消する1つの手段として、国からも期待されている薬剤師の病棟業務です。もう、

「病院薬剤師は、不要なのだと思う」

と、自虐的な言葉を吐かないですみます。どんどんチャレンジして下さい。しかし、当たり前の話ですが、チャレンジするにも、しっかりとした就職計画を立てなければなりません。

@ 昔も今も、病院薬剤師は難易度高め

A 民間の病院は、給与体系も、ボーナスの支給額も、バラバラ

以上のような点を踏まえると、第三者の協力が必要になってくるのかもしれません。


@ 昔も今も、病院薬剤師は難易度高め

誰もが一度は憧れる、病院薬剤師ではありませんか? 昔も今も、難易度の高さは変わっていません。しかし、

「病棟薬剤師を置きたいのだけれど、薬剤師の数が足りない」

と言う、病院側の本音があります。今後は積極的に病院側から採用が始まります。今まで以上に、門は広くなるはずです。しかし、全国各地のドラッグストアや調剤薬局から、我こそはという薬剤師が手をあげてきます。しっかりと就職対策を行なわないと、ライバルに負けてしまいます。

例えば、自己PRの効果的な書き方を知っていますか? 面接の練習は済んでいますか? あなたのライバルは、転職支援サイトなど第三者の協力者を雇って、ばっちりと仕上げてきます。あなただけ自己流で就職試験に挑んでは危険です。母校の就職課でも良いですし、民間の転職支援サイトでも良いので、協力者を求めましょう。

A 民間の病院は、給与体系も、ボーナスの支給額も、バラバラ

民間の病院は、待遇がバラバラです。給与も病院の規模で全然違いますし、ボーナスも出たり、出なかったり、様々です。6ヶ月分ボーナスをもらえる病院もあれば、寸志で数万円のお金しかもらえないところもあります。

職場の雰囲気も様々です。職場の数だけ、人間関係があります。せっかく病棟に配属されたとしても、意地の悪い医師や看護部長など、スタッフに恵まれないケースもあります。そうした情報は内情なので、外からは見えません。

せっかくなら、良い職場で働きたいですよね?やはり内情まで知っている第三者に、協力を依頼した方が、得策です。


■ あなたの力を、役立てよう!

薬剤師にとって、自分の知識を最大限に活かせる場所の1つが、病棟配属です。やりがいの感じられる毎日を、チームの仲間と送って下さい。

病院薬剤師の求人情報に強みを持つ転職サービスの人気ランキング

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
毎日キャリアバンク
詳細


メディウェル「薬剤師転職ドットコム」 無料 全国 株式会社
メディウェル
詳細


 ⇒⇒ 人気ランキング(4位〜7位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

人気のエージェントranking

条件別の病院薬剤師求人

病院薬剤師の基礎知識

病院の種類別求人情報

地域別情報

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 病院薬剤師求人ランキング【※病院勤務したい方はコチラから】 All Rights Reserved.