病院薬剤師求人ランキング

病院薬剤師のやりがい

仕事に対して持つやりがいは人それぞれ異なるものですが、概して自分の仕事が誰かの喜びや感謝となった時、社会や組織に貢献できた時が、やり遂げて良かったという思いや仕事への充足感、やりがいを感じる瞬間かもしれません。仕事に苦しみや辛さがあっても、やりがいを感じる瞬間があるからこそやり切れる、やりがいがあるからこそ続けることができる仕事もあるでしょう。

病院薬剤師は、患者さんの病気や症状に合わせて薬を作る調剤や薬品を使いやすい仕様に調整する製剤、薬の効果や飲み方を患者さんに説明する服薬指導、医薬品の管理や品質試験、院内感染対策、医薬品の事故防止、薬物療法に関する医師へのアドバイスなどを主な仕事としています。こうした薬剤師の基本業務に加え最近は医薬分業が進み、病院薬剤師の仕事はより患者さんと接する比重が多くなりました。入院している患者さんの服薬指導の他、外来で抗ガン剤治療を行なう患者さんへのフォローは薬剤師の仕事です。治療に直接関わっていく中、患者さんの健康状態の進展、病状の回復、退院は病院薬剤師の大きなやりがいになるでしょう。

また病院薬剤師は、医師や看護師など他の医療従事者と協働していく機会も増え、患者さんの苦痛となる痛みを和らげるペインコントロールチームや、口から栄養摂取できない患者さんの治療を支援する栄養サポートチームなど、特に病院内「チーム医療」の一員として大切な役割を担っています。薬のスペシャリストとしてチーム一員であること、チームの一員として治療の一助を担うこと、患者さんの回復や病状の回復などチーム医療が活きる時、薬剤師としてのやりがいにつながっていくのではないでしょうか。

とかく病院薬剤師は医師の言いなり…、と言われがちではありますが職責上、立場上、必要不可欠な部分もあり、やりがいは時に自分で見出すことも必要です。やりがいが無いと不平を言う前に、「完璧に調剤ができた」「患者さんが薬を飲んでくれた」など些細なことにでも自分なりのやりがいを見つけてみることです。自分なりのやりがいでも、それをやり遂げることで仕事へのモチベーションは上がり、次のやりがいのある仕事へとつながっていくはずです。決して皆がやりがいのある大きな仕事をしているというわけではありません。一つ一つの小さな仕事の積み重ねが大きな仕事となっており、どこにやりがいを見出すかは自分次第なのでしょう。

どうしてもやりがいを見出せず苦しい思いをしている場合には、職場を変えてみるのも一つの手段です。転職を成功させるには薬剤師の求人・転職支援サイトの活用がオススメです。

病院薬剤師の求人情報に強みを持つ転職サービスの人気ランキング

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
毎日キャリアバンク
詳細


メディウェル「薬剤師転職ドットコム」 無料 全国 株式会社
メディウェル
詳細


 ⇒⇒ 人気ランキング(4位〜7位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

人気のエージェントranking

条件別の病院薬剤師求人

病院薬剤師の基礎知識

病院の種類別求人情報

地域別情報

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 病院薬剤師求人ランキング【※病院勤務したい方はコチラから】 All Rights Reserved.