病院薬剤師求人ランキング

病院薬剤師の転職事情

薬剤師は病気の患者さんの症状に合わせた薬の調剤・製剤、薬の効果や副作用を説明する服薬指導、薬事衛生や感染症対策を行う薬のスペシャリストです。薬剤師は薬学と医療において専門性と高いスキルを持つ国家資格であり、「病気を治す」「健康を守る」といった視点から人や社会に貢献できる職業です。医薬の分野においてはチーム医療の一員として、また治験という新しい分野での存在意義が高まり、病院、調剤薬局、OTC、製薬会社以外にも薬や化学品の研究所、バイオセンター、化学品・化粧品・食品を製造販売するメーカー、公務員の特別職など幅広いフィールドで活躍できる可能性が薬剤師にはあります。

堅実で安定した技術職である薬剤師の動向は離職率約9%と試算されており、主要産業の離職率16.4%(平成21年度動向)に対して大きく下回る値となっています。薬剤師全体として離職率は平均を下回るものの、男女間では女性薬剤師の離職率が圧倒的に高く、雇用形態別に見るとパート薬剤師の離職率が21%で非常に高い離職率となっています。全国の薬剤師約25万人中、男女比は男性40%、女性60%で女性比率が高い職業であることから、結婚・出産・育児のために職場を離れる点から離職率を牽引しています。薬剤師は国家資格であるため子育てにひと段落ついた時点で復職する人も多いのですがその際、ライフスタイルに合わせた働き方、限られた時間の中で働かざるを得ない点からパートの薬剤師に復職するパターンも多いようです。パートという雇用形態の場合、組織との関係性が薄く社会的にも弱い立場となるため、離職率が高いのは否めません。

薬剤師が転職を考える理由となるのが、年収を含めた勤務条件のUPや職場の人間関係が合わないなどの一般的な理由に加え、薬剤師という資格・専門性を持っているのにもかかわらず、薬局でのルーティンワークでは知識やスキルが活かしきれないことにジレンマを感じて転職を考える人も多いようです。そうした意味では病院薬剤師は、臨床や医薬品に触れ一番薬剤師らしい、薬のスペシャリストとしての知識や経験を活かすことができる職場です。そのため病院薬剤師の離職率は決して高いものとはなっていません。しかしながら病院という職場柄、夜勤や宿直があり一人で受け持つ患者さんが多い、他の業種に比べて年収が低い、病院によっては薬剤師のスキルが活かされる環境がないなど、病院薬剤師の事情もあるようです。そんな病院薬剤師の方の転職を成功させるには薬剤師の求人・転職支援サイトを活用するのがオススメです。病院薬剤師ランキングでサイト比較して見ましょう!

病院薬剤師の求人情報に強みを持つ転職サービスの人気ランキング

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
毎日キャリアバンク
詳細


メディウェル「薬剤師転職ドットコム」 無料 全国 株式会社
メディウェル
詳細


 ⇒⇒ 人気ランキング(4位〜7位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

人気のエージェントranking

条件別の病院薬剤師求人

病院薬剤師の基礎知識

病院の種類別求人情報

地域別情報

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 病院薬剤師求人ランキング【※病院勤務したい方はコチラから】 All Rights Reserved.