病院薬剤師求人ランキング

病院薬剤師の今後について

病院薬剤師は狭き門と考えていませんか? 特に、ドラッグストアや調剤薬局、門前薬局などに勤務した経験しかない薬剤師にとって、病院薬剤師は狭き門に見えてしまうようです。

■ 今後、病院薬剤師の需要は増えて行く

結論から言いましょう。薬剤師の今後は、明るいです。特に、病院薬剤師の求人が、増えて行くと予想されます。ドラッグストア、調剤薬局の仕事とは少し毛色が違ってきますが、病院薬剤師の中でも、病棟薬剤師の仕事が増えていくと予想されます。

@ 病棟薬剤師を配置すれば、病院の加算になる

A 現状として、多くの病院で薬剤師が足りていない

以上の理由から、病院薬剤師の需要は増えていくと考えられます。


@ 病棟薬剤師を配置すれば、病院の加算になる

病棟薬剤師を配置し、入院患者に対して指導をさせれば、加算が認められるようになりました。民間の病院はどこも収入を大きくしたいと考えています。薬剤師を病棟に配属し、入院患者に対する指導、経過の観察、チーム医療への参加をさせた方が、得なのです。病院側はあの手この手で加算を狙います。

医師や看護師の側からも、薬剤師の知識、見識を、現場で活かして欲しいと言う潜在的なニーズがあります。看護師に対する薬効の指導や、医師への処方提案も含まれます。カンファレンスの参加など、有意義な仕事もあります。病院薬剤師を考えるなら、病棟配属も視野に入れてみましょう。

A 現状として、多くの病院で薬剤師が足りていない

ご存知のように、医薬分業で、院内薬局をカットしてきた病院が大半です。管理業務などをさせるために、どの病院も薬剤師を抱えてはいますが、数が限られています。病棟に専属で配置させるほどの人数のゆとりはありません。

しかし、病院側が点数を稼ぎたいと思えば、あるいは医療の質を高めたいと思えば、有能な薬剤師を新たに雇うしかありません。言い換えれば、病院薬剤師になりたいと思うあなたには、追い風が来ているのです。


■ 病院選びは慎重にする

とは言え、どこでも良いから勤めたいと考えてしまうと、就職先で後悔をします。病院薬剤師と言っても、職場の満足度はバラバラです。看護部の言いなりになっている薬剤部部長が取り仕切っている職場では、肩身の狭い思いしながら、下働き的な仕事をさせられます。医師が高飛車な職場では、処方の提案など、夢のまた夢になってしまいます。

病棟薬剤師とは名ばかりに、病棟で雑用ばかりさせられたり、点数稼ぎの道具に使われたりして終わりと言うケースがあります。せっかく病院で働くのですから、自分の力を最大限に活かしてみたいですよね?

就職活動の際は、病院側の一方的な話だけでなく、転職支援サービスなど第三者のサービスを使って、病院の内情などを教えてもらいましょう。失敗を回避できます。

病院薬剤師の求人情報に強みを持つ転職サービスの人気ランキング

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
毎日キャリアバンク
詳細


メディウェル「薬剤師転職ドットコム」 無料 全国 株式会社
メディウェル
詳細


 ⇒⇒ 人気ランキング(4位〜7位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

人気のエージェントranking

条件別の病院薬剤師求人

病院薬剤師の基礎知識

病院の種類別求人情報

地域別情報

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 病院薬剤師求人ランキング【※病院勤務したい方はコチラから】 All Rights Reserved.