病院薬剤師求人ランキング

病院薬剤師のメリット

薬剤師と一口に言っても薬剤師には調剤薬局薬剤師、病院薬剤師、ドラッグストア薬剤師、製薬会社や化学品・化粧品・食品を製造販売するメーカーなど企業に勤務する薬剤師、厚生労働省や行政で働く公務員薬剤師など、薬剤師はその専門性と求められる役割から幅広い業種・分野で活躍しています。働くフィールドが広い分、年収を含めた処遇、福利厚生、職務内容、責務などは勤務先によって様々差があります。

その中でも病院薬剤師は他の職種に比べて年収が少ないと言われており、病棟施設がある大きな病院などでは夜勤や残業、勤務時間外の呼び出しもある仕事です。またひと昔前の病院薬剤師は、次から次へと訪れる患者さんの薬剤準備にかけ回り、急いでも急いでも間に合わない状態にありました。病院に行って薬を受取るのに1時間も2時間も待たされるケースは珍しくなく、病院薬剤師はひたすら調剤と格闘する「調剤マシーン」と化していたかもしれません。しかし今や医薬分業が進み、外来の患者さんの薬を病院内で調剤することはほとんどありません。医薬分業では病院は医療行為に専念し、薬に関する専門的なことは薬剤師(調剤薬局)が担当し、医療全体の質の向上と安全で効率的な医療の提供を目指す考えがあります。医療と薬業が分かれた分、病院薬剤師の能力と役割は病院に入院する患者さんに向けられ、活躍の場は病院薬局内から臨床へシフトしています。そのため病院薬剤師には患者さんと向き合い、臨床の第一線で薬剤師としての専門性を深めるチャンスが大いにあります。

また今や日本の国民医療費は大きくかさみ、必死の医療費削減政策が様々打ち出され、医療体制ひいては医療従事者の役割も大きく変わろうとしています。特に病院は療養型病床を減少して早期退院を促して集中的な治療型が中心となる流れにあり、現代医療は各部門のスペシャリストが専門性を発揮して患者さんを総合的にサポートする「チーム医療」が主流となってきている点から、薬剤師は薬の専門家としてより最適で効果的な薬物治療へのサポートが求められます。病院薬剤師には最先端医療の一助を担うチャンスがあるのです。

病院薬剤師は患者さんや医療と向き合う臨床の経験、チーム医療の一員としてスペシャリスト性やキャリアの研鑽、コメディカルとの協働、ミーティングや勉強会への参加など薬剤師としての知識と専門性をより深く磨くことができます。こうした病院薬剤師の貴重な経験は調剤薬局や企業の研究所など他の職場では非常に歓迎されるため、将来の転職やキャリアアップを優位に進めることができるでしょう。

病院薬剤師の求人情報に強みを持つ転職サービスの人気ランキング

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
毎日キャリアバンク
詳細


メディウェル「薬剤師転職ドットコム」 無料 全国 株式会社
メディウェル
詳細


 ⇒⇒ 人気ランキング(4位〜7位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

人気のエージェントranking

条件別の病院薬剤師求人

病院薬剤師の基礎知識

病院の種類別求人情報

地域別情報

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 病院薬剤師求人ランキング【※病院勤務したい方はコチラから】 All Rights Reserved.