病院薬剤師求人ランキング

病院薬剤師の志望動機

病院薬剤師を志望する多くの薬剤師は、臨床や患者さんと病気に向き合うことに興味ややりがいを見出し、病院勤務を目指す動機となっているようです。またチーム医療など臨床の最前線で活躍することができること、医師や看護師など他の医療従事者と働く環境にあること、薬剤師としての専門性を深めることができる自己研鑽の場となることなども志望する動機のようです。

ひと昔前までは、病院薬剤師と言えばマシーンのようにひたすら調剤業務に明け暮れる時代もありました。しかしながら現在は医薬分業が進み、外来の患者さんの薬を病院内で調剤することはほとんどありません。病院は医療行為に専念し、薬に関する専門的なことは薬剤師(調剤薬局)が担当することで医療全体の質の向上と、安全で効率的な医療の提供を目指す考えから医薬分業がとられています。

医療と薬業が分かれた分、病院薬剤師の能力と役割は病院に入院する患者さんに向けられ、活躍の場は病院薬局内から臨床へシフトしています。薬の副作用や注意の説明や薬への疑問質問に応える「お薬相談」、カルテや検査値を理論的に理解し患者さんの健康状態把握、薬を飲めない患者さんに対する薬の飲み方を工夫や服薬援助・支援サポート、経口摂取できない患者さんに対する高カロリー輸液製剤(栄養食・薬剤)の調整、外来で抗ガン剤治療を行なう患者へのフォローなど、病院薬剤師は患者さんに接する機会が増え必要性も高まっています。このように病院薬剤師は服薬を通して患者さんと共に病気や治療と向き合い、臨床の第一線で他の医療従事者と協働する中でより一層、医療の知識や薬剤師としての専門性を深めるチャンスに恵まれる臨床の場が大きなの魅力ともなっているのでしょう。

薬剤師はその専門性や求められる役割から医療の分野だけでなく企業、メーカー、研究所、公務員など幅広い分野で活躍できる職業です。しかしながら薬剤師という資格・専門性を持っているのにもかかわらず、職場によってはルーティンワークが多く薬剤師として学んできた知識やスキルが活かしきれないことにジレンマを感じて転職を考える人が多いのも現状です。そうした意味では病院薬剤師は臨床や医薬品に触れ、一番薬剤師らしい薬のスペシャリスト性を活かすことができる職場です。そのため年収や勤務体系ではネガティブな面もありますが、病院薬剤師を志望する人は少なくありません。病院薬剤師への転職、または新しい職場を探しには薬剤師の求人・転職支援サイトを活用がオススメです。まずは病院薬剤師ランキングでサイト比較して見ましょう!

病院薬剤師の求人情報に強みを持つ転職サービスの人気ランキング

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
毎日キャリアバンク
詳細


メディウェル「薬剤師転職ドットコム」 無料 全国 株式会社
メディウェル
詳細


 ⇒⇒ 人気ランキング(4位〜7位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

人気のエージェントranking

条件別の病院薬剤師求人

病院薬剤師の基礎知識

病院の種類別求人情報

地域別情報

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 病院薬剤師求人ランキング【※病院勤務したい方はコチラから】 All Rights Reserved.