病院薬剤師求人ランキング

病院薬剤師の休日

人の生命を預かる病院は24時間の管理体制が必要とされるため、入院の患者さんをかかえる病院では昼夜・休日を問わず365日スタッフの勤務が必要な仕事場です。患者さんの容態の急変や、急患の搬送といった事態はいつ発生するか予測不能であり、スタッフ数が減る夜勤帯や休日は患者さんに対するスタッフ数が少なくなり肉体的にも精神的にもハードな仕事になります。 

こうした夜勤や不規則な出勤、休日は看護師に限らず病院薬剤師も同じです。病棟がある大きな病院勤務薬剤師であれば、例えば平日は8時30分〜17時など勤務する病院が定める就業時間に順じ、休日や祝日に勤務する場合には8時〜17時の日直、17時〜翌日9時の当直として勤務するといった、休日出勤や当直勤務があるのが一般的です。休日出勤・当直の回数は勤務する病院によってそれぞれですが、月に2〜3回程はあるようです。その場合は時間外手当が付き、違う日に休んで代休を取ることができますが、休日・祝日・当直の勤務は大概、薬剤師一人で病院全部の薬剤業務を対応することが求められます。新人のうちは業務に慣れるまで先輩薬剤師がつき、休日や当直勤務の都合が悪い場合には同僚と交替したり、シフトを組むときに調整します。また実質休日であったとしても、最近は薬剤師にもオンコールがかかるようになり、病院という臨床の最前線では24時間体制、休日などあってないような一面もあります。

病院によっては薬剤師の夜間・休日勤務がない病院もあり、その場合には看護師が薬剤業務を代わりに行いますが、緊急時の薬剤供給、休日分のストック薬管理、患者さんが持ってきた持参薬のチェック、薬剤の準備などは薬剤師不在のために問題になっているようです。薬剤師不在の現場では目が行き届かない、患者さんに適切な薬や治療が提供できない、薬品の間違いや感染リスク、ヒヤリ・ハットが増える事態が起きており、病院薬剤師の必要性が提言されています。

休日を確保したい…場合には転職で勤務条件の合う職場を探すのも一つの方法です。今は求人広告を雑誌などから自力で探す転職活動よりも、薬剤師の求人・転職を支援するサイトを活用して転職活動する方が断然効率的で、良い条件の求人に巡り会えるチャンスがあります。求人事態が少ない病院薬剤師でも転職支援サイトでなら、きっと理想の職場が見つかります。マイナビ薬剤師、エムスリーキャリア、DODA薬剤師など、まずは病院薬剤師ランキングでサイト比較してみましょう!

病院薬剤師の求人情報に強みを持つ転職サービスの人気ランキング

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
毎日キャリアバンク
詳細


メディウェル「薬剤師転職ドットコム」 無料 全国 株式会社
メディウェル
詳細


 ⇒⇒ 人気ランキング(4位〜7位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

人気のエージェントranking

条件別の病院薬剤師求人

病院薬剤師の基礎知識

病院の種類別求人情報

地域別情報

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 病院薬剤師求人ランキング【※病院勤務したい方はコチラから】 All Rights Reserved.