病院薬剤師求人ランキング

病院薬剤師の役割

薬剤師は薬の専門家として薬の調剤や供給をはじめ、薬事衛生面や人の健康を守るスペシャリストです。薬剤師になるには薬科大学や大学の薬学部で6年間、薬の専門的な知識を中心に臨床や医療福祉、公衆衛生、薬事法、生命倫理などを幅広く学び、高年次では病院や薬局での実習を行い薬剤師としての専門性を深めます。大学を卒業し、厚生労働省管轄の薬剤師国家試験に合格することで晴れて薬剤師としてのスタートを切ることになります。

薬剤師はその専門性や知識から幅広い分野において薬剤師の果たす役割が求められ、働く先も病院や調剤薬局に限らず、OTC、製薬会社、化学品や薬品の研究所、化粧品や食品を製造販売するメーカー、SMOなどの治験機関、公務員として厚生労働省や行政に働く薬剤師など様々です。しかしながら薬剤師の勤務先として多いのは調剤薬局・病院で、全国に約25万人(男女比;男性40%/女性60%)いる薬剤師のうち、病院に勤務する薬剤師は約20%弱を占めています。

病院薬剤師は、医師の処方箋に基づき患者さんの病気や症状に合わせた薬を調剤し、薬の効果、飲み方、注意点などを患者さんに説明する服薬サポートが主な役割となります。その他にも医薬品の管理(品質、在庫、供給)、医薬品の品質試験、病院で使う注射剤・点眼剤・軟膏剤などを調整する製剤業務、院内感染対策、薬物療法に関する医師へのアドバイスやサポートなども病院薬剤師の役割になりますが、やはり病院薬剤師の大きな特徴は、服薬を通して患者さんと向き合い病気を一緒に治していく点にあります。病院薬剤師は薬のスペシャリストとして患者さんの側に寄り沿うことが多く、薬の副作用や注意の説明や薬への疑問質問に応える「お薬相談」や、カルテに目を通し検査値を理論的に理解し、患者さんの健康状態を把握することも大切な役割です。また薬を飲めない患者さんに対し、錠剤から粉薬への変更や割線がある薬にするなど、薬の飲み方を工夫し患者さんが飲みやすい薬の援助・支援サポートを行い、食事を取ることができない患者さんには経口栄養食を調整します。

病院薬剤師は患者さんをはじめ、医師、看護師、臨床検査技師、栄養士など病院で働く他のコメディカルな人たちとの関わり合いが多く、その中で薬の専門家としての役割を果たして行くことが求められます。特に現代の医療は各部門のスペシャリストが専門性を発揮し、患者さんを総合的にサポートする「チーム医療」が主流となってきているため、病院薬剤師はより高い専門知識とスキルを持った薬のスペシャリストとしての役割が求められています。

病院薬剤師の求人情報に強みを持つ転職サービスの人気ランキング

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
毎日キャリアバンク
詳細


メディウェル「薬剤師転職ドットコム」 無料 全国 株式会社
メディウェル
詳細


 ⇒⇒ 人気ランキング(4位〜7位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

人気のエージェントranking

条件別の病院薬剤師求人

病院薬剤師の基礎知識

病院の種類別求人情報

地域別情報

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 病院薬剤師求人ランキング【※病院勤務したい方はコチラから】 All Rights Reserved.