病院薬剤師求人ランキング

配置基準について

配置基準とは患者さんの人数当たりに付く医療従事者数を定める基準です。つまり10人の患者さんに対して1人のスタッフが付くか、15人の患者さんに対して1人のスタッフが付くかを定めたもので、患者さん、医療サービスを提供する双方にとって前者の方が優位になります。患者さんサイドからすれば配置基準の人数が少ないほど手厚いケアを受けることができ、スタッフ側も人数負担が少ないほど患者さん一人にかける時間や気配りにゆとりができ、より良い医療サービスを提供することが可能となります。この配置基準は医療法によって規定されており看護師の場合、「7対1」が推奨されています。

病院薬剤師の配置基準については、「外来は処方箋75枚に1名、一般病棟は入院患者70人に1名、療養型病床群・特例許可老人病棟及び精神病院・結核病院では入院患者150人に1名」の薬剤師を配置するとしています。しかしながらこの病院薬剤師配置人数は、医療現場の実態に全く合わない低い水準であるとの声が上がっており、配置基準の見直しや改善要請が盛んに行われています。規定された配置基準の薬剤師配置では薬剤師の過重な負担から、安全で適切な薬を供給することが難しくなり、調剤過誤や医薬品に関するヒヤリ・ハット、医療ミス、医療事故を招くリスクが問題視されています。また人員不足は患者さんの待ち時間にも影響する問題です。

病院薬剤師の役割は薬の調剤・製剤、患者さんへの服薬指導、医薬品の管理のみならず、抗ガン剤や高カロリー輸液のミキシング、無菌製剤など特殊な製剤の調製、医薬品関連の事故防止、外来で抗ガン剤治療を行なう患者へのフォローなど多様化・複雑化しています。医薬分業が進んだ分、より患者さんに向けられる業務、臨床へシフトしており充分な服薬指導、患者さんとのコミュニケーションにはある程度の時間を要します。また薬剤師はチーム医療に欠くことのできない重要性を持つことから、今後も病院薬剤師配置基準の見直しは強く提言されていくでしょう。

こうした現場の実態とミスマッチな配置基準で苦しい環境に置かれるのが薬剤師自身です。もっと心にゆとりを持って仕事がしたい…場合には、転職して新しい職場を探すのも一つの方法です。今は求人広告を雑誌などから自力で探す転職活動よりも、薬剤師の求人・転職を支援するサイトを活用して転職活動する方が断然効率的で、厚遇の求人に巡り会えるチャンスがあります。求人事態が少ない病院薬剤師でも転職支援サイトでなら、きっと理想の職場が見つかります。マイナビ薬剤師、エムスリーキャリアなどまずはランキングでサイト比較してみましょう!

病院薬剤師の求人情報に強みを持つ転職サービスの人気ランキング

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
毎日キャリアバンク
詳細


メディウェル「薬剤師転職ドットコム」 無料 全国 株式会社
メディウェル
詳細


 ⇒⇒ 人気ランキング(4位〜7位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

人気のエージェントranking

条件別の病院薬剤師求人

病院薬剤師の基礎知識

病院の種類別求人情報

地域別情報

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 病院薬剤師求人ランキング【※病院勤務したい方はコチラから】 All Rights Reserved.