病院薬剤師求人ランキング

病院薬剤師の平均年収

病院薬剤師は、医師の処方箋に基づき患者さんの病気や症状に合わせて薬を作る調剤、薬の効果、飲み方、注意点などを患者さんに説明する服薬指導、在庫や供給などの医薬品管理、医薬品の品質試験、注射剤・点眼剤・軟膏剤などを調整する製剤、院内感染対策、薬物療法に関する医師へのアドバイスなどを主な仕事としています。薬剤師の中でも病院薬剤師は患者さんと接する機会や医師や看護師といった他の医療従事者と一緒に働くことが多く、薬剤師としての知識・経験に加えてコミュニケーションスキルも求められるポジションです。

そんな病院薬剤師の年収平均は約400〜650万円で推移しています。国立の病院に勤務する公務員薬剤師の場合は年収がもう少し高くなりますが、概して病院薬剤師の場合、年収を含めた処遇・待遇は勤務する病院によるところが大きく、例え大学病院勤務であったとしても年収が必ずしも高いということはないようです。また離島や僻地などでの勤務では、平均より高い年収が提示される場合もあるようですがこの場合、医療従事者が少ない地での勤務となるため、生活の不便さに加えて仕事もハード、ボリュームがあることを覚悟しなければならないでしょう。薬剤師全体における平均年収は平成22年度統計から約518万円(賞与含む)、平均月収約37万円、平均時給約2,124円です。一般企業に勤めるサラリーマンと比較すると年収には約100万円の差があり、不況や経済動向に左右されるサラリーマン給与に比べて薬剤師の給与は非常に安定して推移しているのが顕著です。

薬剤師はその専門性や知識から幅広い分野において薬剤師の果たす役割が求められ、働く先は病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社、OTC、化粧品や食品を製造販売するメーカー、SMOなどの治験機関、公務員として厚生労働省や行政に働く薬剤師など様々で、年収にはバラつきがあります。中でも薬剤師全体の約2割を占める病院薬剤師の年収は他業界の薬剤師に比べて低く、病院という職場のため夜勤や宿直があり、一人で受け持つ患者さんが多いとよく言われています。

しかしながら病院薬剤師は薬のスペシャリストとして専門性やスキルを活かした仕事に従事することができ、患者さんと一緒に病気を治していくやりがいや魅力があります。先述したように病院薬剤師は勤務する病院による処遇・待遇の差が大きいため、今のポジションに満足できない薬剤師の方は、「転職」をひとつ視野に入れて見ると良いでしょう。病院薬剤師として希望に叶う転職を成功させるには薬剤師の求人・転職支援サイトを活用するのがオススメです。

病院薬剤師の求人情報に強みを持つ転職サービスの人気ランキング

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
毎日キャリアバンク
詳細


メディウェル「薬剤師転職ドットコム」 無料 全国 株式会社
メディウェル
詳細


 ⇒⇒ 人気ランキング(4位〜7位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

人気のエージェントranking

条件別の病院薬剤師求人

病院薬剤師の基礎知識

病院の種類別求人情報

地域別情報

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 病院薬剤師求人ランキング【※病院勤務したい方はコチラから】 All Rights Reserved.