病院薬剤師求人ランキング

服薬指導について

病院薬剤師の仕事には、医師の処方箋に基づき患者さんの病気や症状に合わせて薬を作る調剤、薬の効果、飲み方、注意点などを患者さんに説明する服薬指導、在庫や供給などの医薬品管理、医薬品の品質試験、医薬品の有効成分を使いやすい仕様に調整する製剤、院内感染対策、医薬品の事故防止、薬物療法に関する医師へのアドバイスなどがあります。

中でも病院薬剤師の業務として特に比重が高くなってきているのが服薬指導です。服薬指導では投薬や注射など受けている薬の効果・作用性についての説明、薬の飲み方(時間帯や服用する量など)の支援、副作用を含めた注意点などを分かりやすく患者さんに伝えます。服薬指導では薬について充分な説明を行うことで患者さんの薬に対する不安を解消し、治療への参加意識を高めるとともに、薬が安全且つ適切に服用されることで薬の効果が最大限発揮されることを促します。こうした服薬指導の中では患者さんからの薬への質問疑問に応える「お薬相談」を含め、病院薬剤師には、患者さんとのコミュニケーションを通じて一緒に病気を治していく姿勢が求められます。カルテや検査数値から理論的に患者さんの病態を把握し、より有効な薬物療法の思考もしていかなければなりません。

また患者さんが処方箋通りに薬を飲まない場合、または薬を飲めない場合には、錠剤を粉薬に剤形を変更したり、患者さんがどうしたら薬が飲みやすくなるのかを考え工夫し、食事を取ることができない患者さんに経口栄養食で調整を図るのも病院薬剤師の役割です。患者さんが高齢者の場合には、視力・聴力の低下や認知症から服薬指導が正しく理解されない場合もあるため、その点を踏まえた上での服薬指導を行い、または必要に応じて家族や介護者の方に服薬指導する場合もあります。指導というよりは服薬の支援、服薬サポートの意味合いが大きくなります。

薬が安全に正しく服用されないと、治療への効果が得られないだけでなく思わぬ事故につながりかねません。薬は経口摂取されると、口、食道、胃、十二指腸、小腸を経て体内に吸収されその後、血液や臓器に取り込まれて薬効を発揮し、肝臓で代謝、腎臓から排泄されます。このプロセスのどこかで薬が他の薬や食品、アルコール、サプリメントなどと接触すると、薬効の減弱や吸収の阻害など様々な相互作用を生じるリスクがあります。こうした薬の相互作用を未然に防ぐため、薬歴管理やリスクマネジメントなども病院薬剤師に求められる服薬指導業務の一環となっています。

病院薬剤師の求人情報に強みを持つ転職サービスの人気ランキング

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
毎日キャリアバンク
詳細


メディウェル「薬剤師転職ドットコム」 無料 全国 株式会社
メディウェル
詳細


 ⇒⇒ 人気ランキング(4位〜7位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

人気のエージェントranking

条件別の病院薬剤師求人

病院薬剤師の基礎知識

病院の種類別求人情報

地域別情報

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 病院薬剤師求人ランキング【※病院勤務したい方はコチラから】 All Rights Reserved.