病院薬剤師求人ランキング

病院薬剤師の当直

病院薬剤師の仕事に就く場合、気になる点の1つが当直ではありませんか? 当直がある病院、無い病院、職場によって色々です。その中でも当直業務があるような大きな病院に就職する場合、いくつか注意が必要です。

■ 病院の実態を知らないと損をする

薬剤師の病院選びは慎重に行なわなければいけません。求人票に書かれている情報だけでなく、その情報の裏側にある本当の事情を知らないと、勤務した後で辞めたくなってしまうかもしれません。

@ 薬剤部の部長によって、当直の環境は大きく変わる

A 当直時における、医師、看護師と薬剤師の関係は、病院によって大きく変わる

以上の理由から、病院をしっかり選ぶ必要があります。


@ 薬剤部の部長によって、当直の環境は大きく変わる

例えば、あなたが女性の薬剤師だとします。救急外来も受け付ける、大きな病院に就職したとしましょう。当直もある職場で、定期的に自分にもその役目が回ってくるとします。ドクターからの処方指示に対応したり、入院患者に対する注射処方せんの薬剤をそろえたり、色々な作業をします。

さて、ある日あなたが当直に出かけると、男性の薬剤師と2人きりで調剤室に閉じこもるシフトでした。ちょっと嫌ではないですか? 明くる日の当直明けで、薬剤部の部長に苦情を言うと、人手不足なのだから、文句は言うなと一喝されたとします。

別に何があるわけではありません。しかし、細かな配慮が出来る上層部と、出来ない上層部は、二通りいます。出来れば、働く側の気持ちをくんでくれるリーダーの元で働きたいですよね?

A 当直時における、医師、看護師と薬剤師の関係は、病院によって大きく変わる

病院薬剤師の不満の1つは、医師、看護師との関係にもあります。本来は医師も、看護師も、薬剤師も、事務スタッフも、対等なはずです。実際に、全スタッフが対等に働いている病院も、たくさんあります。しかし一方で、医師が高飛車な態度に出る病院もあります。看護師が大所帯の力関係を背景に、幅を利かせている病院もあります。当直があるような規模の大きな病院ほど、派閥、硬直化した力関係が出来上がっているケースがあります。

そうした病院に勤務すると、肩身が狭い思いをさせられます。実際、薬剤部の部長が、看護部の顔色をうかがって、無理難題をどんどん引き受けてしまうケースもあります。当直でも、まるで看護師の下働きのような業務をさせられたりする病院もあります。

全ては病院次第です。全てのスタッフが対等な、開かれた病院を選びましょう。


■ 病院選びは、第三者の判断をもらう

病院側の情報を鵜呑みにしていると、後悔をします。就職する際は、病院の裏事情まで知り尽くしている、第三者の意見を聞きましょう。

母校の人事部を頼っても良いですし、自分の人脈を使って、内情を探ってもいいです。民間の転職支援サービスを利用して、情報を集めてもらっても良いです。就職した後にガッカリしないように、注意して下さい。

病院薬剤師の求人情報に強みを持つ転職サービスの人気ランキング

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
毎日キャリアバンク
詳細


メディウェル「薬剤師転職ドットコム」 無料 全国 株式会社
メディウェル
詳細


 ⇒⇒ 人気ランキング(4位〜7位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

人気のエージェントranking

条件別の病院薬剤師求人

病院薬剤師の基礎知識

病院の種類別求人情報

地域別情報

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 病院薬剤師求人ランキング【※病院勤務したい方はコチラから】 All Rights Reserved.